予定調和の無駄足(Alpha)

ゲームのプレイ記や、ハードウェアに関する話題が中心

三河地区開発記#02を投稿しました。

早くも第2回となりました。

今回で3本目となるわけですが、三日坊主ならぬ三回坊主にならないようがんばります。

というわけで、裏話をいくつか・・・

工事風景(0:57〜3:42)

前回5倍速だった工事風景を4倍速にして少しよくなったかなという印象。

そろそろ、駅名の法則に気づく人がいてもおかしくないと思うけど、やっぱりまだわからないか・・・

今回西から、商業農業住宅農業住宅という風に産業を誘致してみました。
商業から一気に農業になるみたいな感じが出したくなったもので。一応、北海道の帯広駅付近のところをイメージして作ってみました。

アイキャッチ(3:44〜3:49)

今回はフリーのBGM音源(効果音?)を使ってみました。ちなみに文字の縁取りの色は車体の色に合わせています。

ダイヤ改正(3:51〜5:11)

なんか、全く文字とSEがあっていない・・・

AviUtlを使いながら、再生ウィンドウを開いて確かめるというのが理想なんだろうけど、あまりにも重くて確かめることすらできない・・・。
いちいちエンコードして確かめるしかないんだろうか・・・

説明パートでは今回もスライドを使っています。
スライドを作って、Prnt Scrnキーでペイントに出力して、それをトリミングして大きさを調整する。の繰り返しです。

それじゃ、ダイヤ解説の方をしていきたいと思います。

今回のダイヤ改正では、主に三つの目標を作って作成しました。
一つは上下ともに1時間に1本設定すること。
二つは西潟大橋線を越える通勤・通学需要に対応すること。
三つは優等種別を設定すること。
以上三つの目標に沿ってダイヤを作成しました。
ただ、一つ目の目標については、閑散区間では2時間に1本でもいいことにしています。

さらに区間ごとに詳しく説明していきます。

村下−西潟間

今までに開業している路線の中でもっとも需要が多い区間です。そのため、5両編成の通勤型車両を使用しています。
基本的に普通が2時間に1本、快速が2時間に1本で、大体1時間に1本ずつ運行しています。
ただ、動画内でも述べたとおり、朝と夜は一往復だけ増発しています。

西潟−始発田間

需要がないわけでもないですが、やはり川越え路線なので、需要は少ないかなぁと思っています。あくまでも脳内設定の話ですが。
速度3の車両で45分弱なので、将来的にもここを通る列車のほとんどが速度3の列車を使用することになると思います。

そんな状況も考慮して、本数は2時間に1本となっています。

でも(列車の本数的に)最混雑区間になりそう。

始発田−東九条間

この区間の普通は全線通しの需要が殆どでしょう。誰も、閑散とした農業駅なんて降りないですから。
快速列車はもちろん翼を通過していきます。むしろ通過した方が産業の相性としてはいいのかもしれません。

九条駅が1面2線なのが、後々ダイヤ組む時にネックとなりそうです。

東九条−左右浜間

たぶん、おそらく、きっと、間違いなく、最閑散区間。左右浜からの通勤・通学需要ならあるでしょうが、片町はあまり発展しなさそうだな〜なんて思っています。
この区間は普通列車が運行しておらず、快速列車が各駅に止まって対応していますが、これは始発田−片町・左右浜間の需要が他よりも高いと見込んで、このような形にしています。その方が移動時間が短縮されて便利になりますからね。

BGMについて

自分の好きな曲を使用していますが、ある程度はうるさくない曲を選ばないといけないなぁと思っています。
#01で使った「胸がドキドキ」なんかは、哲学的な要素もあっていい曲だなと思ったわけですが、音量を調整しなかったためにうるさく聞こえてしまったのが残念でした。

せっかくいい曲や素材があっても、それを生かすも殺すも結局は作る人のセンスな訳で。
そういう意味では、自分はまだまだなんだなぁと思っています。

あと、自分は人に物事を説明するのが苦手なので、そこら辺もこの動画を投稿していく中で磨けていければいいなと思っています。