予定調和の無駄足(Alpha)

ゲームのプレイ記や、ハードウェアに関する話題が中心

Win8タブレットにおけるセーフモードからの復旧

セーフモードの罠

Windows8タブレットPCをセーフモードで起動すると、「タッチパネル、Windowsボタン、ボリュームボタン等々が効かなくなり、無線接続したキーボード・マウスなども使えなくなる」という事態に陥る。

僕の場合、この情報を知らずに、「msconfig/システム構成」でセーフモードを設定してしまい、設定を戻さない限り必ずセーフモードで起動する状態になったため、ドツボにはまってしまった。

起動すると、パスワード入力画面になり、スクリーンキーボードも使えず、やれることは電源ボタンを長押しして強制シャットダウンするくらいしかない。

メジャーな方法は使えない

インターネットで「Windows8 セーフモード タッチパネル 解除」なんかのワードで調べると、唯一無二の解決策として「ホストケーブルを使って有線マウス・有線キーボードを接続する」という方法が提示されている。

そこで手持ちのホストケーブルを用いて接続しようとしてみると、ホストケーブルが悪いのか、入力装置側が悪いのか、ドライバが駄目なのか、ともかくマウスやキーボードは機能しない。

電源が足りないという可能性を考えて、秋葉原で電源供給用コネクタ付きホストケーブルを買おうかとも思ったが、いかんせん時間がかかる上にお金もかかる。

最終的な解除方法

ということで、なんとか他の方法を探って、試行錯誤してみたところ、最終的に以下の方法でセーフモードを解除することが出来た。多少なりともリスキーな方法であるので、もしこの記述を元にして症状が悪化したとしても、責任は取れない旨を記載しておきます。

なお、僕の利用しているタブレットPCは「Dell Venue 8 Pro」である。他のタブレットPCでもうまくいくとは限らないので、あしからず。


①電源を切った状態から電源ボタンを押して起動をする際に、何度か連続して押す

②「回復」画面が表示される。(タイミングの問題か、正しいやり方ではないのか、色々原因は考えられるが、必ずしも表示されるわけではない。気になる方はちゃんとしたやり方を調べてみた方がいい)

③「詳しい修復オプションを表示する」をタップ

④「オプション」画面で「トラブルシューティング」をタップ

⑤「トラブルシューティング」画面で「詳細オプション」をタップ

⑥「詳細オプション」画面で「コマンドプロンプト」をタップ。コマンドプロンプトが起動する。

⑦「bcdedit /v」
と入力、現在設定されているブートオプションが表示される。

⑧「description」が「Windows8」ないしは、「Windows8.1」となっているブートローダーを探す。特段今までブートメニューを操作したことがなければ、ブートローダーは1つしか表示されないはずである。

⑨そのブートローダーの「safeboot」欄が「minimal」や「network」などになっていることを確認する。これはmsconfigで設定した内容によって異なる。

⑩「bcdedit /deletevalue safeboot」
と入力する。仮に2つ以上のブートローダーが存在する場合は、
「bcdedite /deletevalue {(セーフモード起動を解除したい方のブートローダーに記載されている「identifier」)} safeboot」
などと入力するといい。

コマンドプロンプトなり、その他のメニューから再起動する。

僕の場合、以上の方法でセーフモードを解除するとことが出来た。
確認として、再びmsconfigを起動して、「ブート」タブを確認すると、セーフモードのチェックが外れている。


以下、参考リンク

コマンドプロンプトにおける「bcdedit」コマンド全体の操作について画像を用いてわかりやすく記載されている。win8room.net

「bcdedit」コマンドの中でも、特にセーフモード解除の部分について詳しく記載されている。(Win7についての記事だが、Win8/8.1でも同様の操作が可能)
GETSUKI。 : Windows 7 セーフモード不具合と通常起動の方法について